コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアルディア,T. ぐあるでぃあ

世界大百科事典内のグアルディア,T.の言及

【コスタリカ】より

…1821年にメキシコ帝国に参加するという形でスペインから独立し,ついで中央アメリカ連邦(中央アメリカ)の一員となったが,連邦を構成する他の諸国と対立し,その解体後は地域統合よりむしろ孤立主義を選ぶことになった。主要農産物のコーヒーは40年代から輸出されていたが,特に70年から82年に及ぶトマス・グアルディア将軍の統治下でコーヒー産業は発展した。他の中米諸国の例に漏れず,19世紀末からはバナナ栽培も盛んになり,アメリカ合衆国のユナイテッド・フルーツ社が国内で大きな勢力を築き上げた。…

※「グアルディア,T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android