コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラブ浚渫船 ぐらぶしゅんせつせん

世界大百科事典内のグラブ浚渫船の言及

【建設機械】より

…土木機械ともいう。土木・建設工事に用いられる機械の総称。
[発達史]
 古代における建設の方法は,主として人力と畜力に依存しており,わずかに水力や風力を利用していたにすぎない。大土木工事として有名なピラミッドは,ナイル川のはるか上流の採石場から切り出した石をいかだにのせて水路輸送し,人力のジブクレーンによって陸揚げし,石材運搬のための斜路を多数の人力によって綱で引き,滑車やてこなどの道具を利用して1個ずつ積み上げて完成させたものである。…

【浚渫船】より

…自航および非自航式がある。(5)グラブ浚渫船 全旋回式のジブクレーンとグラブバケットを備え,硬土質の浚渫も可能であるが,作業が断続的であり比較的小規模の浚渫に用いられる。浚渫深度の制約を受けない特徴がある。…

※「グラブ浚渫船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone