グラーフ卵胞(読み)グラーフらんぽう

大辞林 第三版の解説

グラーフらんほう【グラーフ卵胞】

哺乳類の卵巣の中で卵をつつむ卵胞が成熟して拡大し、中に卵胞液がたまって囊のう状体となったもの。排卵直前の状態。オランダのグラーフ(Regnier de Graaf)が発見。グラーフ濾胞。 → 卵胞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のグラーフ卵胞の言及

【性器】より

…ついで顆粒層の細胞間にすき間ができ,それが拡大して卵胞腔となる。この状態の卵胞をグラーフ卵胞Graafian follicleとよぶ。卵胞腔の中の液(卵胞液)はしだいに増加し,周囲の卵胞上皮細胞も増加を続けて,グラーフ卵胞は直径2cmにも達する。…

【排卵】より

…まず,卵巣に20万~30万個ある原始卵胞(原始濾胞)の中の数個が,月経後脳下垂体前葉から分泌されるFSH(卵胞刺激ホルモン)の刺激を受けて発育卵胞となり,そのうちの1個だけが成熟卵胞(成熟濾胞。グラーフ卵胞(グラーフ濾胞))に発達した段階で,脳下垂体前葉から分泌される大量のLH(黄体形成ホルモン)とFSHの作用により,成熟卵胞の卵巣表面に突出した部分の卵胞膜がしだいに薄くなり,ついにここに破裂孔と呼ばれる穴があき,ここから顆粒(かりゆう)膜細胞群によって囲まれた卵(卵子)が腹腔の中に卵胞液とともに排出される。これが排卵である。…

【卵巣】より

…この細胞から女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されるが,これは子宮内膜を増殖させるほか,二次性徴をもたらす。なお二次卵胞はさらに成熟を続け,グラーフ卵胞(グラーフ濾胞,成熟卵胞)となる。グラーフ卵胞では二次卵胞の顆粒層(卵胞上皮,濾胞上皮)がさらに増殖多層化する。…

※「グラーフ卵胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android