コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胞状卵胞 ほうじょうらんぽうvesicular ovarian follicle

2件 の用語解説(胞状卵胞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胞状卵胞
ほうじょうらんぽう
vesicular ovarian follicle

グラーフ卵胞ともいう。成熟した卵胞のことで,その内腔が大きく広がり,直径約 10~15mmに達する。内腔を満たす卵胞液は女性ホルモンを含み,第2次性徴の発現を促す。胞状卵胞の内圧が一定度に達すると,卵巣表面に面する壁が破裂して,卵細胞は卵胞液とともに卵巣の外に放出される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

胞状卵胞【ほうじょうらんぽう】

グラーフ卵胞ともいう。卵巣の卵胞のうち最も発達の進んだ大きなもので,径10〜15mmに達する。卵胞液を満たした卵胞腔をもち,成熟した卵はこの卵胞の一側にある卵丘という高まりの中にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone