コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胞状卵胞(読み)ほうじょうらんぽう(英語表記)vesicular ovarian follicle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胞状卵胞
ほうじょうらんぽう
vesicular ovarian follicle

グラーフ卵胞ともいう。成熟した卵胞のことで,その内腔が大きく広がり,直径約 10~15mmに達する。内腔を満たす卵胞液は女性ホルモンを含み,第2次性徴の発現を促す。胞状卵胞の内圧が一定度に達すると,卵巣表面に面する壁が破裂して,卵細胞は卵胞液とともに卵巣の外に放出される。これを排卵という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

胞状卵胞【ほうじょうらんぽう】

グラーフ卵胞ともいう。卵巣の卵胞のうち最も発達の進んだ大きなもので,径10〜15mmに達する。卵胞液を満たした卵胞腔をもち,成熟した卵はこの卵胞の一側にある卵丘という高まりの中にある。卵胞液の増加に伴って破れて排卵を起こす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android