コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胞状卵胞 ほうじょうらんぽうvesicular ovarian follicle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胞状卵胞
ほうじょうらんぽう
vesicular ovarian follicle

グラーフ卵胞ともいう。成熟した卵胞のことで,その内腔が大きく広がり,直径約 10~15mmに達する。内腔を満たす卵胞液は女性ホルモンを含み,第2次性徴の発現を促す。胞状卵胞の内圧が一定度に達すると,卵巣表面に面する壁が破裂して,卵細胞は卵胞液とともに卵巣の外に放出される。これを排卵という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

胞状卵胞【ほうじょうらんぽう】

グラーフ卵胞ともいう。卵巣の卵胞のうち最も発達の進んだ大きなもので,径10〜15mmに達する。卵胞液を満たした卵胞腔をもち,成熟した卵はこの卵胞の一側にある卵丘という高まりの中にある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

胞状卵胞の関連キーワードグラーフ卵胞卵胞膜内膜卵胞膜外膜グラーフ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android