コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胞状卵胞 ほうじょうらんぽう vesicular ovarian follicle

2件 の用語解説(胞状卵胞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胞状卵胞
ほうじょうらんぽう
vesicular ovarian follicle

グラーフ卵胞ともいう。成熟した卵胞のことで,その内腔が大きく広がり,直径約 10~15mmに達する。内腔を満たす卵胞液は女性ホルモンを含み,第2次性徴の発現を促す。胞状卵胞の内圧が一定度に達すると,卵巣表面に面する壁が破裂して,卵細胞は卵胞液とともに卵巣の外に放出される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

胞状卵胞【ほうじょうらんぽう】

グラーフ卵胞ともいう。卵巣の卵胞のうち最も発達の進んだ大きなもので,径10〜15mmに達する。卵胞液を満たした卵胞腔をもち,成熟した卵はこの卵胞の一側にある卵丘という高まりの中にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

胞状卵胞の関連キーワード黄体グラーフ卵胞卵胞刺激ホルモン卵胞グラーフ濾胞排卵期卵胞期放線冠卵胞膜外膜卵胞膜内膜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone