コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリュトビーケン ぐりゅとびーけん

世界大百科事典内のグリュトビーケンの言及

【サウス・ジョージア[島]】より

…中央のパジット山(2915m)を中心に氷河が広がり,海岸にはフィヨルドが発達する。かつては捕鯨で栄え,中心集落グリュトビーケンGrytvikenの夏の人口は1000人を超えたが,現在の常住人口はキング・エドワード・ポイントの観測基地にいる22人(1980)のみである。1775年J.クックが上陸,当時のイギリス国王ジョージ3世の名を島に冠した。…

※「グリュトビーケン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グリュトビーケンの関連キーワードサウス・ジョージア[島]

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android