コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリリョフ,L.S.(読み)ぐりりょふ

世界大百科事典内のグリリョフ,L.S.の言及

【ロシア・ソビエト音楽】より


[グリンカの登場]
 19世紀に入ると,貴族の家庭で子女に対する音楽教育が一般的となり,貴族階級のなかからも優れた音楽家が生まれてきた。アリャビエフ,ワルラーモフ,グリリョフLev Stepanovich Gurilyov(1770‐1844)はロシア・ロマンスと呼ばれる都会的な民謡調の歌曲を作曲した。劇場音楽の分野でも,イタリア人のカボスCatterino Cavos(1775‐1840)らと並んで,アリャビエフ,ベルストフスキーAleksei Nikolaevich Verstovskii(1799‐1862)といったロシア人作曲家も多くの作品を残した。…

※「グリリョフ,L.S.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android