コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルジア・メンシェビキ ぐるじあめんしぇびき

世界大百科事典内のグルジア・メンシェビキの言及

【グルジア】より

…17年首都の二月革命の後,各都市にソビエトと市執行委員会,社会団体委員会(有産諸団体とソビエト諸団体の連立地方権力)が形成され,臨時政府はカフカス総督府に替えてザカフカス特別委員会をティフリスに置いた。各地のソビエト,その中心のティフリス・ソビエトではジョルダニアNoi N.Zhordaniya(1870‐1953)の率いるグルジア・メンシェビキが主導権を握った。革命前からグルジアはメンシェビキの最大拠点の一つとして有名であった。…

※「グルジア・メンシェビキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone