コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルジア問題 ぐるじあもんだい

世界大百科事典内のグルジア問題の言及

【オルジョニキーゼ】より

…内戦期には赤軍の指導者として,ウクライナ,北カフカス,ザカフカスの内戦で活躍。ソ連邦形成をめぐる〈グルジア問題〉で,ロシア共産党中央委員会カフカス局の責任者としてスターリンと共に晩年のレーニンに批判される。スターリン派幹部として党・国家の要職を歴任,30年最高国民経済会議議長,32年重工業人民委員として工業化政策を担当。…

【グルジア】より

…晩年のレーニンはこれを知り,官僚主義的中央集権制に基づく大国主義的抑圧として,スターリンらを厳しく批判した。しかし,この〈グルジア問題〉は,反対派を〈民族主義的偏向〉として切り捨てたスターリン派の勝利をもって終わった。スターリン体制下で〈ムジバニ=オクジャワ裁判〉(1936)などで,土着の活動家が〈民族主義的偏向〉の名の下に大量に粛清された。…

※「グルジア問題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android