コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケアリー,W. けありー

世界大百科事典内のケアリー,W.の言及

【キリスト教】より

…他方プロテスタントは17世紀に入ってからヨーロッパの外へと伝道を始め,それがいちじるしく活発になったのはバプティストによってである。ケアリーWilliam Carey(1761‐1834)は1793年ベンガルに上陸し,のちカルカッタに来てベンガル語聖書を完成した。このバプティストの間でも伝道協会が設立されたが,その後95年に設立されたロンドン宣教会の活躍はめざましく,J.R.モリソン,W.ミルン,ギュツラフを派遣して中国伝道を行った。…

【フォート・ウィリアム・カレッジ】より

…このカレッジがインドの文化復興,ことにこれまで顧みられることの少なかった地方語の発展に果たした役割は大きい。なかでも1801年に開設されたベンガル語学部では,セランポール伝道団のウィリアム・ケアリーWilliam Carey(1761‐1834)が中心となってベンガル語の文法書や辞書を編纂し,日常会話や読物の教科書をつくってベンガル語近代散文の基礎を据えたほか,中世の詩人オージャーの《ラーマーヤナ》翻案など古典作品の発掘,出版にも力を注いだ。【大西 正幸】。…

※「ケアリー,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android