コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コアマモ

海藻海草標本図鑑の解説

コアマモ

からだは細長い葉と地下茎からなり,砂泥域に地下茎を伸ばして生育する雌雄同株の多年生の草本(種子植物)である。葉はアマモより細く,葉脈(平行脈,維管束)は2〜3本であり,葉の先端はわずかに尖り,葉の縁辺にはスガモエビアマモのような鋸歯を持たない。アマモよりもやや塩分の低い海域や河口域に多く生育する。属名のZosteraは女性名詞で,細長い葉形の特徴を表すギリシャ語のzoster(帯,ベルト)に由来する。種小名「japonica」は女性形で,「日本の」の意味。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のコアマモの言及

【アマモ】より

…広義にはヒルムシロ科に属するが,スガモとともにアマモ科に分ける考えもある。近縁のコアマモZ.japonica Aschers.et Graebn.は葉がさらに細く,幅1.5~2mm,長さ10~40cm。花序軸の縁に鱗片状の葯隔付属突起がある。…

※「コアマモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コアマモの関連キーワードにゃんこのねぐら海草

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android