コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモリン[岬] コモリン

2件 の用語解説(コモリン[岬]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コモリン[岬]【コモリン】

インド最南端,インド洋に突出する岬。カニヤー・クマリとも。北緯8°5′,東経77°36′。タミルナードゥ州に属する。岬の上にヒンドゥー教クマリ寺があり,巡礼者が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コモリン[岬]【Comorin】

インド亜大陸最南端の岬で聖地。ここからベンガル湾アラビア海インド洋が一望できる。太陽が海から昇り,海に没するのを見ることができるのは,インドではこの地だけである。北緯8゜5′,東経77゜36′に位置する。古くは,プトレマイオスの地図にコマリア・アクロンKomaria Akronと記載され,マルコポーロもコマリComariと呼んだ。独立後は,岬の先端に建つ処女神クマリを祀る寺院の名にちなんで,カニヤー・クマリKanyā Kumariと呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone