コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サブプライム subprime

デジタル大辞泉の解説

サブプライム(subprime)

多く複合語の形で用い、最も重要なものに次ぐ、最良のものの次の、などの意を表す。
プライムレートより低いこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サブプライム【subprime】

上部に次ぐ位。
マーケティングなどで、信用リスクの大きい消費者。一般に中低所得者をいう。 → プライム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サブプライムの関連キーワードリーマン・ブラザーズ・ホールディングズ[会社]資産担保コマーシャルペーパーヴィクラム パンディットアメリカン・エキスプレスサブプライムローン問題サブプライムモーゲージゴールドマン・サックスチャールズ プリンスサブプライムローンモノライン保険会社リーマン・ショック金融改革プログラムワークシェアリング住宅ローン担保証券キャピタル・ロスサブプライム問題three F円キャリー取引ヘッジファンドマーケティング

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サブプライムの関連情報