サンマ漁

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サンマ漁

北海道や東北を中心に約270隻が携わり、年間の漁獲量は約30万トン、産地価格総額は約200億円。船は100トン以上の大型、20トン以上の中型、20トン未満の小型に大きく分かれる。漁期は7~12月で、漁場北海道の東沖から千葉沖へと南下する。1人あたりのサンマ消費量は年間約4匹とされる。

(2008-09-14 朝日新聞 朝刊 都 地域総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内のサンマ漁の言及

【漁法】より

…蛸壺,ウナギ筒,シイラ漬,柴漬などで,人工魚礁はこれの大がかりなものである。特殊な漁法として佐渡などで行われたサンマ漁がある。産卵期のサンマが浮遊物に卵を産みつける習性を利用し,穴をあけたむしろを船ばたに浮かべ,産卵に寄ってくるサンマを穴から手をさし入れて手づかみにする。…

※「サンマ漁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンマ漁の関連情報