コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアノバクテリア しあのばくてりあcyanobacteria

翻訳|cyanobacteria

知恵蔵の解説

シアノバクテリア

藍色細菌ともいう。かつては藍藻と呼ばれていたが、近年の研究により、細菌類と同じ原核生物であることが明らかになった。クロロフィルa、β(ベータ)‐カロテン、フィコビリンなどの色素を含み、光合成を行う。湿地や水たまり、あるいは水槽の縁などに発生して、緑色のねばねばした膜状になる。最古の生物の1つで、35億年前の地層からシアノバクテリアに似た化石が発見されている。進化遺伝学的な研究により、光合成能力をもつシアノバクテリアが、他の細菌と共生的に合体することによって真核生物が生じ、シアノバクテリアは葉緑体となったと考えられている。

(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シアノバクテリア

藍(らん)色細菌、あるいは藍藻とも呼ばれ、原核生物に分類される。単細胞ながら、植物と同じように光合成をし、生物時計を持つ。地球上へ生命が誕生した初期に出現し、光合成を通して大気中に酸素を生産し続けた。単純な生物なので実験に適している。写真=近藤教授提近のバーは長さ5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)。

(2006-02-10 朝日新聞 夕刊 科学1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

シアノバクテリアの関連キーワードストロマトライト先カンブリア時代フラボドキシン調整池のアオコ細胞内共生説窒素固定細菌近藤孝男古生物5界説菌界

シアノバクテリアの関連情報