シェーンヘル炉(読み)しぇーんへるろ

世界大百科事典内のシェーンヘル炉の言及

【アーク加熱】より

…この熱を利用するのに,(1)アーク電流が被熱物中を流れる直接アーク加熱,(2)アーク電流が被熱物中を流れず,放射によってアーク熱が被熱物に伝えられる間接アーク加熱の2方式がある。(1)には空中窒素固定用のシェーンヘル炉(アーク柱自身が被熱物),製鋼用アーク炉やアーク溶接(ともに被熱物が一方の電極となる)があり,(2)には銅合金溶解用の揺動アーク炉などがある。アーク炉溶接【市川 真人】。…

※「シェーンヘル炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android