シノサウロプテリクス

デジタル大辞泉プラス 「シノサウロプテリクス」の解説

シノサウロプテリクス

白亜紀前期に生息した竜盤類獣脚類の肉食恐竜全長約1.3メートル。恐竜として初めて羽毛跡を残す化石が発見されたことで有名。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android