ショレンドーム(英語表記)schollendome

岩石学辞典の解説

ショレンドーム

テュムラス(tumulus)のドイツ名[Daly : 1933].熔岩塚,熔岩団塊丘,湧出円頂丘など同じ意味である[渡辺編 : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android