コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロザ

百科事典マイペディアの解説

シロザ

アカザ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロザ

アカザ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のシロザの言及

【アカザ(藜)】より

…芽心や若い茎葉が赤いのでアカザの名がある。赤みの目立たないシロザC.album L.(英名lamb’s‐quarters)は畑地や荒地の雑草で,好窒素植物として有名である。茎はよく分枝し,生長のよいものでは1.5mを超える。…

※「シロザ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シロザの関連キーワードサケ・マス漁と輸入サケ標津サーモン科学館ハマアカザ(浜藜)アカザ(一年草)サケ・マス漁業アカザ(藜)サケ(鮭)シロザメ軟骨魚類ホシザメ水晶石榴すじこ胎生魚鮭・鮏塩ざけクジラマス漁場雑草青藜

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android