コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンプレックス法 しんぷれっくすほう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シンプレックス法

1940年代末にG.B.Dantzig氏などによって考案された、線形計画問題の解法。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

世界大百科事典内のシンプレックス法の言及

【線形計画法】より

…扱う問題を線形計画問題という。線形計画問題の特殊な場合に当たる輸送問題や献立の問題は,1940年代前半に発表されているが,線形計画法が注目され,急速に利用されるようになったのは,47年にアメリカのダンツィッヒG.B.Dantzigが,一般の線形計画問題を効率よく解く方法として単体法(シンプレックス法ともいう)を発表してからである。その後,多くの実用的な解法が示されているが,いずれも単体法に基づいている。…

※「シンプレックス法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シンプレックス法の関連キーワードリニア・プログラミングダンツィーク線形計画法

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android