スカウン城(読み)スカウンジョウ

世界大百科事典内のスカウン城の言及

【スチャバ】より

…政治・経済の中心地になり,14~16世紀には,モルドバの主都になった。当時,建設されたスチャバ城(別名スカウン城)は,非常に堅固で城壁の厚さは4mにも達したが,今では城跡のみ残る。また14世紀のミラウチロール教会をはじめ,16世紀の聖ドゥミトル教会,聖ゲオルゲ教会,17世紀のザムカ修道院などがある。…

※「スカウン城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android