コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティック型PC すてぃっくがたぴーしーstick PC

知恵蔵miniの解説

スティック型PC

端子でディスプレイやテレビに接続して使う超小型パソコン(PC)の通称。長さ100ミリ、幅40ミリ、重量40グラム程度。本体には、CPU、メモリ、グラフィックスストレージなどを備えOSがインストールしてあり、マウスやキーボードなどは必要に応じて別に用意する。2012年頃に、スマートフォンなどに用いられているAndroid OSをインストールした「スティック型Android端末」が登場した。広義には、これらもスティック型PCとされ、テレビなどに接続してインターネットやアプリケーション他の諸機能を楽しめる。14年12月には、株式会社マウスコンピューター(東京都千代田区)より、Windows OSを搭載した器機が登場し、狭義にはWindowsパソコンとして用いられるこうしたタイプがスティック型PCと呼ばれている。

(2014-12-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android