ステファノ ピラーティ(英語表記)Stefano Pilati

現代外国人名録2016 「ステファノ ピラーティ」の解説

ステファノ ピラーティ
Stefano Pilati

職業・肩書
ファッションデザイナー

生年月日
1965年

出生地
イタリア・ミラノ

受賞
FECインターナショナル・デザイナー・オブ・ザ・イヤー(第51回)〔2008年〕

経歴
学校卒業後、ニノ・セルッティでインターンを経験。1993年メンズウエアのアシスタントとしてジョルジオ・アルマーニに参加。’95年プラダへ移り、ファブリック開発担当。’98年ミウッチャ・プラダ直属のアシスタント・デザイナーとして、ミュウミュウのウイメンズ&メンズウエア担当。2000年トム・フォードに誘われ、イヴ・サンローランのレディトゥウエアのデザイン・ディレクターとなる。2002年アクセサリーとレザーグッズを含むすべてのカテゴリーを統括するデザイン・ディレクターに指名される。2004〜2012年イヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクター、2014〜2015年エルメネジルド・ゼニア・グループのウィメンズラグジュアリーブランド“アニオナ”のクリエイティブ・ディレクターを務める。2008年日本のFECの最高賞受賞で来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android