コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職業 しょくぎょう occupation

翻訳|occupation

5件 の用語解説(職業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職業
しょくぎょう
occupation

人間が生計維持手段として行うとともに,自己の能力に応じかつ自己実現をはかる目的で行う,社会的に有益な継続的活動をいう。家族という統一体のなかで自給自足の生活が行われている場合には,その家族内における各人の継続的な活動は,厳密には職業というよりはむしろ生業というべきである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょく‐ぎょう〔‐ゲフ〕【職業】

生計を維持するために、人が日常従事する仕事。生業。職。「教師を職業とする」「職業につく」「家の職業を継ぐ」「職業に貴賤(きせん)なし」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょくぎょう【職業】

われわれの社会では,人は日々なんらかの仕事をして,それによって報酬を得て生活の資としている。そうした仕事を職業という。毎日仕事をするといっても,趣味や道楽でする仕事,主婦の行う家事や育児,ボランティア活動などは職業とはいわない。また,たとえ生計を維持するためであっても,盗みやばくちをするなどの反社会的な活動は職業ではない。職業は,生計を維持するための継続的で分担的な,社会的に有用な活動と定義される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょくぎょう【職業】

生計を維持するために日常している仕事。生業。職。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職業
しょくぎょう
occupation英語
Berufドイツ語
mtierフランス語

社会的分業の成立している社会において生活を営む人々が、それにつくことによって、その才能と境遇に応じた社会的役割を分担し、これを継続的に遂行し実現していくかたわら、その代償として一定の収入を取得し、必要な生活資料を獲得する継続的活動様式をいう。なお、英語ではオキュペーションのほかに、プロフェッションprofession、トレードtrade、ボケーションvocation、コーリングcallingなどの表現がある。[濱嶋 朗]

職業の概念と問題点

前述の定義をもっと簡単にいいかえるならば、職業とは「個性の発揮、連帯の実現および生計の維持を目ざす人間の継続的な行為様式」(尾高邦雄(くにお))にほかならない。この概念規定には職業のもつ個人的、社会的、経済的諸側面が含まれている。
(1)個人的な側面としての個性発揮は、自己の能力・性能・才能に応じた職業を選択するという前提のもとで、その職業が課する要求にこたえて献身するなかで、自己の個性を伸張し、人間的成長を遂げ、自己実現とやりがい、生きがいを経験すること、またはその可能性を意味する。ただ、現実の職業活動はかならずしも適性に応じて配分されておらず、また技術が進歩し、生産の仕組みが巨大化し複雑化した結果、細分化と断片化を受け、疎外されざるをえない趨勢(すうせい)にあるので、職業によって程度の差はあるが、個性発揮や自己実現は今日概して困難な状態にある。
(2)社会的な側面としての連帯実現は、社会的分業の一端を担い、その要求する役割を遂行することを通じて、主観的、意図的にはともかく、客観的、結果的には匿名の不特定多数の人々の間に相互依存の関係を成立させ、社会の維持・存続に貢献することになるという事態を意味する。このことは否定できないが、デュルケームをはじめとする社会分業論者の主張するようには、職業活動は予定調和的に社会連帯を実現できずに、階級分化や階級対立などの分裂的事態を同時に引き起こしているのも事実である。
(3)経済的な側面としての生計維持は、いうまでもなく職業の最低限の条件であり、今日ほとんどの人々は好むと好まないとにかかわらず、衣食の資を得るための手段として職業活動に携わっている。労働が疎外されて職業活動から精神的内容が奪われれば奪われるほど、人々の関心は物質的な報酬に集中し、仕事に没頭しなくなる傾向があり、職業は生活のためにやむなく従事する「必要悪」とみなされやすい。それはともかく、職業活動は、遊びや趣味のようにそれ自体が目的であって、その過程を享受して自由とか、自己実現あるいは生きがいを味わうといった自己完結的、即時達成的な表出的活動ではない。その道の巨匠や名人ほどの人になれば、その仕事は遊びの境地に達しうるが、凡人の仕事はあくまでも手段的活動であり、将来の事態に備えて欲求の直接的充足や個性の発揮ないしは自己実現を断念し、職業の課する強制を甘んじて受け入れる行為様式を出るものではない。こうして、生計維持のための手段的活動は、個性発揮、自己実現といった表出的活動と深刻な矛盾に陥り、また社会連帯の実現への公的な関心と背馳(はいち)する方向に働きやすい。そこに職業をめぐる理念と現実のギャップと葛藤(かっとう)があり、またそれが現代の職業をめぐる問題点を形づくっている。[濱嶋 朗]

職業の機能

以上にみた個性発揮(自己実現)、連帯実現、生計維持は、それぞれ職業の個人的・社会的・経済的機能にあたり、それぞれの機能はプラスの側面とマイナスの側面を伴いながら、相互に関連して動的な統一としての職業を成り立たせる。
(1)そのうち、もっとも具体的、直接的なのは物質的報酬の獲得による生計維持であり、その点で職業は生業(なりわい/すぎわい)とみなされ、最大の関心事となる。実際、収入の多い少ないは、その人の生活程度、生活様式を決め、人生の幸・不幸を大きく左右する。
(2)しかしもちろん、人生の幸・不幸は物質的な収入だけでは保証できない。人が携わる職業が意味をもち、多少とも仕事に生きがい、やりがいを感じるのでなければ、その人は充実した生活を送れない。個性発揮、自己実現とはそうした職業活動のもたらす精神的報酬である。
(3)さらに、人間は社会的動物であり、物質的にも精神的にも相互にギブ・アンド・テイクの関係にたちつつ生活しているが、職業的役割を分担し、それを遂行することは、社会や他者に貢献し、それを通じて自分も社会につなげられ、他から受け入れられ、それなりに評価されるということを意味する。社会的な地位とか尊敬の獲得という意味での社会的報酬は、価値付与と価値剥奪(はくだつ)の両面を伴いながら、社会的動物としての人間のあり方(満・不満、幸・不幸を含め)を規定することになる。
(4)また、これと関連して、職業はこれらの精神的・物質的・社会的報酬のいかんに応じて、人間の自尊心、自我感情の高下・強弱を規定するとともに、社会への帰属欲求を多少なりとも満足させる。それは、職業が役割分担を通じて個人と社会とを媒介し連結し、個人に社会への通路を提供するからでもある。社会に連結され受容された人間は、孤立と孤独に伴う不安と緊張を免除ないし緩和され、帰属欲求の充足を通じてアイデンティティを確立しうる。
 以上にあげた精神的報酬(個性発揮・自己実現)、物質的報酬(生計維持)、社会的報酬(連帯実現の見返りとしての帰属欲求などの充足)のうち、どれを優先させるかは、職業により人間によってかなり相違してくる。高収入、やりがい、名声の三拍子そろった(あるいはそろわない)職業もあれば、収入は多いがやりがいのない職業、名声や尊敬は与えられるが収入は少ない職業などさまざまであって、一概には論じられない。また、人間のあり方、境遇や人生観、価値観などによっても、収入、やりがい、名声のどれを選ぶかは一定していない。生活に追われる人は物質的報酬を、生活にゆとりのある人は社会的または精神的報酬を、世俗的な関心のない人は精神的報酬を優先させるなどといった傾向があるにはあるが。
 いずれにせよ、職業の機能は、単に物質的、経済的なものに限定されない。働かなくても生活できる境遇の人でも職業に携わるのは、仕事自体が人間の生活構造を規定し、生活のリズムを決め、生活を規律づける作用を営むことによって、人間らしい生活と精神活動を可能にするからである。たとえ惰性的、強制的なものであっても、職業活動は心身の健康を保持し、ときに創造や献身の喜びを与え、他者との社会的関連、精神的交流を可能にし、自尊心を培い、存在証明を付与するなどの積極的な機能を営む。また、人々を職業に携わらせる消極的な理由としては、あり余る時間をもてあます退屈感、目標喪失感、社会的関連からの孤立感・疎外感、社会的に役だっていないという価値剥奪感・自尊心の喪失などがあげられる。以上のことは、職業活動から排除された失業者や退職者の置かれた状況をみれば明らかであろう。[濱嶋 朗]

職業および職業観の変遷

職業の分化は社会的分業の展開と軌を一にしている。未開社会や古代社会にも僧侶(そうりょ)、呪術(じゅじゅつ)師、占い師、歌い手などおもに宗教的行事をつかさどる人々や、首長(しゅちょう)、戦士などの政治的・軍事的支配層が一般の人々から遊離して精神的職業に携わり、他の大多数の人々は農耕、牧畜、手工業などの肉体的職業に従事していた。しかし、分業の未発達な段階では固有の意味での職業分化に乏しく、職業が成立するのは自給自足的・封鎖的家内経済が崩壊して、これまで未分化であった仕事がしだいに専門化し、仕事の成果を互いに交換するようになってからである。これはいわゆる都市経済の段階以後のことで、人口の増加、交通の発達、技術の若干の進歩に伴い、専門的に行う仕事の種類もしだいに増大し、原始産業から商業、手工業が分離し、それらの商・工業の内部でも商品の種類や生産工程別に専門分化がみられるようになった。都市地域に同職仲間のギルドが結成され、製品の生産工程、品質、規格、価格、顧客の範囲などにわたり厳しく統制が行われた。しかし、職業は世襲であって、選択の自由はなく、職業上の特権の擁護に重点が置かれたから、職業は一定程度以上の発展を阻止された。
 その後、産業革命が起こり、手工業から工場制手工業へ、さらに工場制工業へと発展するなかで、技術的分業(経営内分業)はますます発達を遂げ、作業は技術的に細分化された。これは作業の機械化や経営の大規模化によって促され、それにつれて作業はますます全体としてのまとまりや精神的意味内容を失い単調化、断片化して、人間疎外が深刻化していった。テーラーの科学的管理法やフォードのコンベヤー・システムは機械化の極致を示すもので、人間は機械の歯車にすぎなくなってきた。しかし、その後オートメーション化が進むなかで、職業労働にも若干の変化の兆しが現れ、科学的知識とそれに基づく判断能力、生産工程全体を見通す能力などが要求されるようになり、機械の奴隷から機械の主人への変化を展望する楽観論も一部にはみられたが、工場や事務所のオートメーション化がバラ色の将来を約束するかどうかは、議論の余地がある。
 このような職業生活の変化、つまり、手工業段階を特徴づける完成生産から、機械化による技術的分業の進展を特色とする機械制工場工業へ、さらにはオートメーション化の段階へという推移に伴い、職業観も大きく変わってきた。古代社会では精神労働は支配者の、肉体労働は被支配者(奴隷)の仕事であったから、肉体労働は卑しく物質的な必要悪とみなされた。中世になると営利活動はキリスト教によって拒否されたが、修道院での労働はその経済的基礎を維持する必要から最小限度義務づけられた。その後の宗教改革時には、ルターは怠惰に対して勤労の必要を説き、カルバンは現世的禁欲主義を唱え、宗教倫理と職業倫理との結合を図った。ここに職業は天職または召命としての積極的な意義を与えられることになった。ルネサンス期には職業労働は本来創造的な活動として積極的に評価された(レオナルド・ダ・ビンチ)。この職業労働観は完成生産方式下の職人気質(かたぎ)に引き継がれ、仕事への没頭とやりがい、職業への誇り、仕事や生産物への内的一体化、仕事における自律性と自発性と自己実現が高く評価されることになる。
 しかし、産業革命期以後の合理化、機械化、分業化の進展により、職人気質に示されたような職業労働の理想像は全面的に解体し、自営から雇用労働への移行による職業的自律性の喪失、単調な部分仕事への分解による職業的名誉の崩壊、疎外された労働への関心の欠如といった職業危機の様相が深刻化し、今日に至っている。現代の労働者の中心的生活関心はもはや職業労働そのものにではなく、余暇・遊びに大きく傾斜しているといわれる。オートメーション化が職業労働にどういう変化を引き起こすかはなお確定していないが、高度の技術装置や巨大な機構による労働疎外をいかにして克服ないしは緩和するかが緊急の課題になっている。職務充実、職務拡大といった労働の人間化への試み、経営参加や自主管理への動きなどは、失われた職業的自律性を回復し、人間の主体性を確立する方策として注目されよう。[濱嶋 朗]

職業の種類と類型

技術的分業(経営内分業)をてことする社会的分業の進展の結果、職業はきわめて多種多様に分化し、その数は数万にも上るといわれる。しかし、この多種多様な職業もいくつかの職業類型に分類することができる。そのもっとも一般的な方法は国勢調査に用いられる職業分類で、これによって一国の人口がどのような職業から構成されているかを知ることができる。わが国で第1回の国勢調査が行われたのは1920年(大正9)のことであるが、第二次世界大戦後には調査結果を国際比較ができるようにするために、50年(昭和25)の国勢調査に際して国際労働機関(ILO)の国際標準職業分類(ISCO)による新分類方式を採用した。85年の国勢調査では、大分類11項目、中分類57項目、小分類293項目に分けられている。それによると大分類は、A専門的・技術的職業従事者、B管理的職業従事者、C事務従事者、D販売従事者、E農林漁業作業者、F採掘作業者、G運輸・通信従事者、H技能工、生産工程作業者および労務作業者、I保安職業従事者、Jサービス職業従事者、K分類不能の職業、となっている。
 これらの職業類型をより単純化すれば、専門、管理、事務、販売、熟練、半熟練、非熟練の7グループに便宜上分けられよう。このうち前四者は非肉体的(ノン・マニュアル)職業、後三者は肉体的(マニュアル)職業を構成し、また前者をホワイトカラー、後者をブルーカラーとよんで区別するのが普通である。
 なお、以上は職業の別に基づく分類または類型であって、これと産業分類とは同じではない。職業分化が進んだ現代の社会では、同じ産業部門の内部にもいろいろな職業が属し、異なった産業部門の内部にも同じ種類の職業が属する、といったことがよくあるからである。職業はあくまでも個人の仕事の内容や条件にかかわり、いわば人間に関する規定であるが、産業はその個人が所属する会社、団体などの事業または事業の行われる場所の規定であって、事業の目的、製品またはサービスの種類が問題になる。産業分類とはそうした事業所の種類を分類したものである。このように、職業分類と産業分類は概念上は区別されなければならないが、もちろん事実上は密接な関係がある。一国の人口構成がどうなっており、どう変化してきたかを知るうえで、産業分類は職業分類とともに重要な意味をもっている。[濱嶋 朗]

職業別・産業別人口の構成と推移

そこで、職業別、産業別の人口構成がどういう変遷をたどったかを一瞥(いちべつ)しておこう。いうまでもなく、産業は農林漁業を含む第一次産業、鉱・工業(製造業)からなる第二次産業、商業・サービス業などから構成される第三次産業に分けられる。一般に、近代以後の職業分化の正常なコースは、第一次産業優位から第二次産業優位へ、さらに第三次産業優位へというコースをたどってきた。もちろん国によって事情は異なるが、産業が未発達な段階では人口の圧倒的部分は農林漁業(それも農業)に従事していて、商・工業人口はごく少ない。農業中心の停滞的な伝統的社会が産業以前の社会のごく普通の姿であるが、やがて自給自足的農業から工業が分離し、商品生産が盛んとなって、農家の家族労働力が商品化(=賃労働化)し、農民層が分解して地すべり的な人口移動がおこり、人口が都市または工業地帯に集中する結果、鉱・工業人口が急激に増大するようになる。しかし、その後工業部門では資本構成が高度化して労働者の数はしだいに伸びが鈍り、それにかわって商品の分配・流通機構がしだいに確立するなかで商業・サービス業が進出し、他方、生活水準の向上とか生活要求の多様化に伴って、専門・技術・自由業などの精神的職業が急速に増加するといった事態が進展する。
 今日の先進産業諸国では第三次産業就業者が就業人口の半数を超えつつある。1982年の経済協力開発機構(OECD)調査によると、イギリスやアメリカでは第一次産業が3~4%以下ときわめて少ないのに対し、第二次産業は20~30%台、第三次産業は60%を超えており、第三次産業中心の産業構造に移行していることは明らかである。ドイツやフランスでも、これよりやや遅れるが、ほぼ同様の趨勢(すうせい)がみられる。いわゆる脱工業化社会、高度大衆消費社会の到来である。わが国についても同様であって、第一次産業就業者はわずか数十年の間に5割強から1割強へと急激に減少し、工業化の進展、高度経済成長による農民層の激しい分解を物語る反面、第三次産業は1960年代以降飛躍的に増大し、半数を上回るまでになっている。[濱嶋 朗]

職業と階層

このような産業構造の推移、つまり脱工業化へ向かっての前進は、社会構造にどういう変化を引き起こすのであろうか。前にも触れたように、職業につくには一定の資格、学歴、能力が必要であり、職業的役割の遂行と引き換えに相応の物質的・社会的報酬が与えられる。つまり、一定の所得や従業上の地位、それに規定された生活水準や生活機会、それに対応する社会的地位の付与または差別的な社会的評価(威信の格づけ)が人々をいずれかの階層に振るい分けるもとになる。職業に上下・貴賤(きせん)の別はないといわれるが、理念のうえではともかく、現実には職業は今日、財産や家格にかわって階層を決定する重要な要因になっている。
 職業類型に対する社会的評価(格づけ)を行ったいくつかの調査によると、どこの国でも専門と管理の評価が高く上層を形成し、事務と販売(および熟練の一部)は中層に位置づけられ、半熟練・非熟練の労働者はおおむね下層に格づけられている。この格づけは高度の専門知識・技能や公共の福祉に対する高度の責任性を基準にして行われており、その地位が機能的に重要であって希少価値をもつ場合に、最高位に格づけられるわけである。これに反して、非熟練で低賃金の危険で手の汚れる職業は、もっとも望ましくない職業と考えられ、最下位に評価される傾向がある。また、格づけ順位(威信ヒエラルヒー)が各国ともほぼ同様になっているのは、産業構造が似通っているためであり、人間の差別的評価がやはり共通する面をもっているためであると考えられる。
 ところで、日本の場合、戦後の高度経済成長過程で産業構造は大幅に変化し、それに伴って階層構造にも著しい変化が現れた。その一つは、旧中間層の一翼を担う農民層の急速な減少(分解)と事務・販売関係の職業の増大であり、農民層が雇用労働者として転出したことを物語っている。と同時に、事務・販売およびこれに専門・管理のかなりの部分を加えた人々(ホワイトカラーまたは新中間層といわれる)が労働者層(ブルーカラー)をかなり上回ったことが注目をひく。このいわゆる新中間層の肥大化傾向は先進産業諸国の階層構造に(少なくとも表面上は)共通して認められる現象であって、現代の高度産業社会が資本家階級と労働者階級へ両極分解を遂げるという意味でのプロレタリア化傾向を否定する有力な根拠となっている。そして、このことはD・ベルのいう脱工業化社会の到来という事態に見合う階層構造の変貌(へんぼう)を物語るかのようである。彼によれば、脱工業化社会では理論的・技術的知識が中心的な意義をもち、それを担う専門的・技術的階層の優位(したがってテクノクラートの支配)が動かしがたくなると考えられている。産業構造や職業構造の推移だけからはテクノクラシーの到来を理由づけるわけにはいかないが、階層構造の変動の方向は表面上そのような趨勢を示しているといえる。[濱嶋 朗]
『尾高邦雄著『新稿職業社会学』(1953・福村書店) ▽尾高邦雄著『産業社会学講義』(1981・岩波書店) ▽岩内亮一編著『職業生活の社会学』(1975・学文社) ▽E・デュルケーム著、田原音和訳『社会分業論』(1971・青木書店) ▽D・ベル著、内田忠夫他訳『脱工業社会の到来』上下(1975・ダイヤモンド社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職業の関連キーワード化学われわれ式社会主義何等か人は人我は我囚われの身ファカレワレワサーマルビレッジ我々のファウストわれわれはどこから来たか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか《われわれ自身のなかのヒトラー》われわれの家ロシア

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

職業の関連情報