コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スプリングワッシャー すぷりんぐわっしゃ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スプリングワッシャー

ワッシャーとは、ネジを締めるときに、ネジの頭の下やナットの下に挟み込む金属製の輪のこと。座金ともいう。ネジを締め付けたときに、ネジの頭でネジ穴周辺を傷めるのを防ぐなどの働きがある。スプリングワッシャーは、この輪に切れ込みが入っており、ネジで締め付けると、ばねのように反発する力を生み、ネジの緩みを防ぐ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android