コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパー・オーディオCD(SACD) すーぱーおーでぃおCD/すーぱーおーでぃおしーでぃーsuper audio compact disc

1件 の用語解説(スーパー・オーディオCD(SACD)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

スーパー・オーディオCD(SACD)

ソニーとフィリップス社(オランダ)が開発した、次世代の音楽メディア1999年春発売。CDと同じ直径12cmで、DVDと同様の素材、製造方法を採用し、大容量なのが特徴。DSD(direct stream digital)というワンビット方式(サンプリング周波数を上げて記録)で、温かい音調のアナログ的な高音質を再現する。2チャンネル型とマルチチャンネル型がある。 CD層とSACD層を二重にしたハイブリッド構造が主流だ。

(麻倉怜士 デジタル・メディア評論家 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone