コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セクシズム sexism

翻訳|sexism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セクシズム
sexism

一般的に,性差別主義,女性蔑視 (べっし) という意味のほか,日本では「セックス本位主義」の意味でも用いられるが,I.イリッチの『ジェンダー』 Towards a Gender以来,性差別を含む多様な産業的男女関係の様相を包括する用語としても用いられる。セクシズムは,女性の生きる機会を限定するもので,職業,教育,社会慣習などあらゆる領域に見られる。社会的貢献度の割に,女性がそれ相応の評価を受けないことが性差別として意識されるのであり,単なる性別分業と区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

セクシズム【sexism】

性別を理由に人を差別する制度。また、それを維持するような実践。1960年代アメリカの女性解放運動の中で生まれた語。性差別主義。性差別。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

セクシズムの関連キーワードK.M. ミレット女性誌

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セクシズムの関連情報