コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セサモリン

栄養・生化学辞典の解説

セサモリン

 C20H18O7 (mw370.36).

 ゴマに含まれるリグナン類で,セサモリンの熱による分解によって抗酸化物質セサモールが生成する.また,ゴマ油脂の脱色過程でも抗酸化物質セサミノールが生成する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セサモリンの関連情報