セルン

大辞林 第三版の解説

セルン【CERN】

ヨーロッパ合同原子核研究機構。当時の西ヨーロッパ諸国の協力によって、1954年スイスのジュネーブ郊外に設立された高エネルギー物理学の研究所。 〔現在の名称は、l'Organisation Européenne pour la recherche nucléaire だが、略称はそのまま〕

セルン【CERN】

フランス Conseil européen pour la recherche nucléaire〗
セルン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セルンの関連情報