ソールマーク

世界大百科事典内のソールマークの言及

【級化層理】より

…級化層理は火山噴出岩などにもみられるが,一般には乱泥流のような密度流に伴う堆積作用によって形成されることが多い。その場合,密度流に由来する種々の堆積構造,たとえばソールマーク,リップルマークなどを伴うのが特徴である。地層の上下判定の基準として使われる。…

※「ソールマーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android