コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底痕 ていこん

百科事典マイペディアの解説

底痕【ていこん】

ソールマークとも。地層の下底面に見られるいろいろの模様の総称。特に砂岩層の下底に多い。水流,生物,その他により下位の泥岩層の表面に形成された模様の雌型。地表に露出する場合,泥岩層は風化してくずれてしまい,すぐ上位の砂岩層の下底面に型が残る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

底痕
ていこん

おもに砂岩層の底面にみられるさまざまな堆積(たいせき)構造。ソールマークsole markともいう。これは砂岩層の直下の泥岩層が、未固結の状態で海底面にあるときに、水流の影響でえぐられた跡や底生生物がはい回った跡に、砂が埋まり、できたものである。これらの砂と泥が固結したのち、泥岩の部分が選択的に侵食されて砂岩層の底面が露出したときにみられる。つまり砂岩層の底面の模様はキャストcast(鋳型)として残っているものである。泥の表面にできた模様はマークとよばれる。
 底痕には、いくつかのタイプがある。水流によってできるものとしてはフルートキャストflute cast、リルマークrill markなどがある。フルートキャストは混濁流(乱泥流)堆積物中の級化層理を示す砂岩層の底面に多くみられ、堆積物が運ばれてきた向きを示す証拠となる。礫(れき)や化石などの物体が流されてできた跡を埋めたものとしてグルーブキャストgroove castがある。また水流によらず、泥層の上に砂層がのるときの差別荷重によるロードキャストload cast(荷重痕)も底痕の一種である。[村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

底痕の関連キーワードソールマークタービダイト堆積岩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android