コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイコンディロガ級巡洋艦 タイコンディロガきゅうじゅんようかんTiconderoga class guided missile cruisers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイコンディロガ級巡洋艦
タイコンディロガきゅうじゅんようかん
Ticonderoga class guided missile cruisers

イージス・システムを備えたアメリカ海軍の防空巡洋艦。 1983年に1隻目が竣工。約 4500個のアンテナ素子を装備した SPY1レーダを船体上部構造物4ヵ所に装備して全周をカバーし,アンテナ素子を電子的にスキャンすることにより同時に 200個以上の目標を発見,このうち 20個までの目標に対し同時攻撃できる。探知された目標情報はコンピュータで瞬時に脅威度を判定され,攻撃に最適な兵器システムまで示される。主要目は,満載排水量約 9500t,全長 172.8m,最大速力 30kn以上,ハープーン・ミサイル8,SAMおよびアスロック連装発射機2 (1番艦から5番艦) ,Mk41垂直発射機 (スタンダードトマホーク,アスロック計 61発) 2 (6番艦以降) ,127mm砲2,20mmバルカン・ファランクス機関砲2,324mm魚雷発射管6,SH-60Bシーホーク・ヘリコプタ2。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報