コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチイバラ

海藻海草標本図鑑の解説

タチイバラ

からだは直立し,叢生して塊状となる。枝同士が癒着する事はない。互生または対生,時には偏生的に小枝を出す。主枝 は扁平となるが,小枝は円柱状となるものが多い。糸状付着器で絡み合うように基質に付着する。髄部は中軸細胞の周りに小型細胞が並びその周りに大形の細胞 が並ぶ。皮層は円形の細胞が1〜2層並ぶ。手ざわりは硬い軟骨質で折れにくい。生体は紫紅色〜濃紅色。サイダイバラに似るが,サイダイバラは軟骨質だが枝が折れやすい。また,表面観では大きな細胞の周りに小さな細胞が取り囲むように並んでいるのに対し,タチイバラは同程度の大きさの小さな細胞が並んでいる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のタチイバラの言及

【イバラノリ】より

…高さは10~20cmのものが多いが,さらに大きくなる種類もある。日本沿岸だけでも10種以上が生育し,よく見られる種類として,イバラノリH.charoides Lamour.,サイダイバラH.saidana Holmes,タチイバラH.variabilis Okamura,カギイバラノリH.japonica Tanakaなどがある。イバラノリは枝を不規則に出すが,サイダイバラは小枝を水平に出し,タチイバラは茎が扁平で上方でのみ枝を水平に出す。…

※「タチイバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

タチイバラの関連キーワードイバラノリ菝葜

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android