チェックサム(読み)チェック サム

ASCII.jpデジタル用語辞典「チェックサム」の解説

チェックサム

データの信頼性を確認するためのチェック方法のひとつ。データを送受信する際、正しくデータが送信できたかどうかの確認に使われる。サムチェックとも呼ぶ。たとえば、送信するデータをブロックに区切り、それぞれ符号化して加算した値を一緒に送信する。受信したも同様の方法で加算し、求められた値が届いた値と同じであればデータが正しく送信されたことになる。ただし、単純な加算による計算のため、偶然、同じ数値になる可能性があり信頼性はあまり高くないが、簡易的な通信の確認として用いられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「チェックサム」の解説

チェック‐サム(check sum)

データ転送が正しくなされたことを調べる検出方法の一。いくつかのデータ列に分割し、データ列の数値の和であるチェックサムを同時に送信する。受信側でも同様にデータ列の数値の和を求め、チェックサムと一致するかどうかを調べることにより、転送エラーの検出をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android