数値(読み)スウチ

大辞林 第三版の解説

すうち【数値】

式中の文字の値としてあてはまる具体的な数。
計算して出た数。
ある量をはかって得られる具体的な値。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すう‐ち【数値】

〘名〙
① 文字の表わす具体的な数のその文字に対する称。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
※シェイクスピア管見(1947)〈中野好夫〉「永久に割り切れない数にも似た一種の無限感」
② 式に含まれる各文字に代入される具体的な数。
計算計量して得られた数。値(あたい)
※現代経済を考える(1973)〈伊東光晴〉III「一人当り平均一日四〇〇リットルの上下水道を使う東京都の数値を適用すれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

数値の関連情報