チェルナー・ホラ[山](読み)ちぇるなーほら

世界大百科事典内のチェルナー・ホラ[山]の言及

【ブルタバ[川]】より

…ドイツ語名モルダウMoldau川。オーストリアと国境をなすシュマバŠumava山脈中のチェルナー・ホラČerná hora山を源流部とし,国境に沿ってはじめ南東に流れ,リプノ・ナド・ブルタボウ付近で鋭く北に流れを変え,養魚池の多いチェスケー・ブジェヨビツェ盆地を通り,首都プラハを抜けてその北で広い峡谷に入り,メルニーク付近でラベ川に合流する。上流,中流には数多くの水力発電所がある。…

※「チェルナー・ホラ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報