コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャナッカレ海峡 チャナッカレかいきょうÇanakkale Boǧazı

1件 の用語解説(チャナッカレ海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャナッカレ海峡
チャナッカレかいきょう
Çanakkale Boǧazı

ダーダネルス海峡ともいい,古くはヘレスポントスと呼ばれた。トルコ北西部,マルマラ海エーゲ海を結ぶ長さ 61kmの狭い海峡で,ヨーロッパ側のゲリボル半島小アジア半島の間に位置する。幅は 1200~6400m,平均水深は 55mであるが,中央部の最も狭い部分は最も深く,91mもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のチャナッカレ海峡の言及

【ダーダネルス海峡】より

…トルコ北西部,ヨーロッパとアジアを分断し,エーゲ海とマルマラ海を結ぶ海峡。呼称は,沿岸にあった古代ギリシアの植民都市ダルダノスに由来する。トルコ語名はチャナッカレÇanakkale海峡。全長約61km,幅1.2~6.4km,平均水深55m(最深部は92m)。マルマラ海の寒流とエーゲ海の暖流が海峡で激しく交錯して豊かな漁場を形成する。アジア側の町チャナッカレは漁業と缶詰工業が盛んである。 古代にはヘレスポントスHellēspontosとよばれ,14世紀までビザンティン帝国の重要な水路であったが,15世紀以降オスマン帝国が航行権を独占してきた。…

※「チャナッカレ海峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone