ツルナ・ゴーラ(読み)つるなごーら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルナ・ゴーラ
つるなごーら
Crna Gora

モンテネグロのセルビア語/クロアチア語名。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のツルナ・ゴーラの言及

【モンテネグロ】より

…国名はモンテネグロ共和国Republika Crna Gora (Republic of Montenegro)。〈ツルナ・ゴーラCrna Gora〉が正称であるが,住民自身はしばしばイタリア語のベネチア方言である〈モンテネグロMontenegro〉を使用し,ともに〈黒い山〉を意味する。この国の歩みはセルビアと深く関連している。…

※「ツルナ・ゴーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android