コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーラム DRAM

翻訳|DRAM

1件 の用語解説(ディーラムの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ディーラム【DRAM】

〖dynamic random access memory〗
半導体記憶素子の一。データ保持のため一定時間毎に再書き込みが必要。記憶密度は高い。ダイナミック-ラム。 → ラム

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のディーラムの言及

【記憶装置】より

…半導体メモリー用の素子として,1990年頃までは高速性が要求される用途ではバイポーラートランジスターが使われたが,MOSトランジスターが高速になったため,現在では高集積化が容易で消費電力が少ないMOSトランジスターがほとんどの用途に使われている。 半導体メモリーは素子の種類によってSRAM(スタティックRAM,エスラム),DRAM(ダイナミックRAM,ディーラム)などに分類される。SRAMは,シーソーのような二つの安定状態をもつフリップフロップ回路によって,1ビットの情報を電圧のかたちで記憶する。…

※「ディーラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ディーラムの関連キーワードQ Bench広告倫理丹羽咲絵トヨタ ハリアーHVSDRAMDRAMEDO DRAMDRAMディスク大賞中村正

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディーラムの関連情報