コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーラム DRAM

翻訳|DRAM

大辞林 第三版の解説

ディーラム【DRAM】

〖dynamic random access memory〗
半導体記憶素子の一。データ保持のため一定時間毎に再書き込みが必要。記憶密度は高い。ダイナミック-ラム。 → ラム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のディーラムの言及

【記憶装置】より

…半導体メモリー用の素子として,1990年頃までは高速性が要求される用途ではバイポーラートランジスターが使われたが,MOSトランジスターが高速になったため,現在では高集積化が容易で消費電力が少ないMOSトランジスターがほとんどの用途に使われている。 半導体メモリーは素子の種類によってSRAM(スタティックRAM,エスラム),DRAM(ダイナミックRAM,ディーラム)などに分類される。SRAMは,シーソーのような二つの安定状態をもつフリップフロップ回路によって,1ビットの情報を電圧のかたちで記憶する。…

※「ディーラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ディーラムの関連キーワードdynamic random access memoryテキサス・インスツルメンツインテル(半導体メーカー)シンクロナスDRAMダイナミックRAM揮発性メモリー三星グループFeRAM記憶装置DIMMDDR3DDR2SIMMSラムRAMラム

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android