コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカンター

1件 の用語解説(デカンターの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

デカンター

 (1) びん詰めのワインを飲むとき,びんの底に沈殿しているおりを除くためにワインを移す容器.(2) 遠心分離式搾汁機ともいう.遠心分離機を利用した連続搾汁機.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデカンターの言及

【クラリファイヤー】より

…固液分離に用いられる化学装置。広義にはろ過器や回転円板型清澄器などを含むことがあり,デカンターなどの遠心沈降機を意味する場合もある。洗浄水や工場排水,上下水など大量の液体中に分散混合し濁りの原因となる微小粒状物質を沈降させ,濃厚汚泥として分離除去するとともに,粒子を含まない上澄み液を連続的に回収する装置である。…

※「デカンター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デカンターの関連キーワード熱鉄を飲むワイングラス酒が酒を飲むハウスワイン瓶酒ワインラック三段びん詰法びん詰グランバン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デカンターの関連情報