デコンストラクション(読み)でこんすとらくしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デコンストラクション

事業の定義、構造や競争ルールなどを、これまでとは異なる視点からとらえ直し、新しいビジネスモデル(事業構造)を作り出すこと。日本語で「脱構築」と書き、元は哲学用語として用いられていた。ボストンコンサルティンググループは、現代の産業社会における事業の構造変化によるパラダイムシフトを定義した概念をこう呼ぶ。インターネットを通した新車の販売や、米国系保険会社の低価格ダイレクト販売などが例として挙げられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デコンストラクション
でこんすとらくしょん
deconstruction英語
dconstructionフランス語

フランスの思想家ジャック・デリダの中心思想。「脱構築」を意味する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android