コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デコンストラクション でこんすとらくしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デコンストラクション

事業の定義、構造や競争ルールなどを、これまでとは異なる視点からとらえ直し、新しいビジネスモデル(事業構造)を作り出すこと。日本語で「脱構築」と書き、元は哲学用語として用いられていた。ボストンコンサルティンググループは、現代の産業社会における事業の構造変化によるパラダイムシフトを定義した概念をこう呼ぶ。インターネットを通した新車の販売や、米国系保険会社の低価格ダイレクト販売などが例として挙げられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

デコンストラクション(deconstruction/〈フランス〉déconstruction)

脱構築

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デコンストラクション
でこんすとらくしょん
deconstruction英語
dconstructionフランス語

フランスの思想家ジャック・デリダの中心思想。「脱構築」を意味する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デコンストラクションの関連キーワードスティーブンズ(Wallace Stevens)ポスト・モダニズムド・マン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デコンストラクションの関連情報