デリンジャー,J.(読み)でりんじゃー

世界大百科事典内のデリンジャー,J.の言及

【ギャング映画】より

… ギャング映画の変質と衰退の原因としては,まず第1に,禁酒法撤廃(1933年12月)とともにギャング映画の現実感が急速に薄まったことがあり,それと同時に,現実のGメン(FBI)が映画以上に大活躍して,ギャングを圧倒したということもあった。大恐慌のあと,1933年から34年にかけて,禁酒法撤廃に伴って,アメリカ中西部を中心に,マ・バーカーとその息子たち,ベビーフェース・ネルソン,マシンガン・ケリー,ボニーとクライドといった〈地方ギャング〉が大衆の興味をひき,なかでも16件の銀行強盗と4回の脱獄をはでにくりかえして〈民衆の敵No.1〉とみなされるに至ったジョン・デリンジャーは,ギャング映画のヒーローなみの喝采を浴びていた。しかしFBIは34年の前半までに,これらの群小ギャングのほとんどを射殺し,デリンジャーも34年9月22日にシカゴの映画館でクラーク・ゲーブル主演のギャング映画《男の世界》を見て出てきたところを待ち構えていたFBIに撃ち殺された。…

※「デリンジャー,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android