デルタ翼(読み)デルタよく

世界大百科事典内のデルタ翼の言及

【超音速飛行】より

…一般に高速機になるほど後退角を大きくするが,超音速機ではジェット旅客機のようなアスペクト比の大きい後退翼は使われない。このような形状の翼は超音速領域で旋回したり,突風に遭うなどして,いったん衝撃失速が発生すると,ピッチアップという激しい頭上げを起こしやすいこと,また軽くてじょうぶに作るのがむずかしく,低速での操縦も困難なためで,超音速機の場合は三角翼(デルタ翼)や同じ後退翼でもアスペクト比の小さい,三角翼の先端を切ったような形のものが選ばれる。三角翼は後退翼と同様衝撃波の発生を遅らせる働きがあるだけでなく,遷音速域での飛行特性も比較的よいという特徴がある。…

【翼】より

…また超音速で生ずる造波抵抗を減らすには,翼を前後に細長い形とするほか,できれば前縁の後退角を衝撃波の角度以上に鋭くするのがよい。そこで鋭い後退角と小アスペクト比の組合せで得られる三角翼delta wing(デルタ翼ともいう)が,超音速機に多く用いられている(図6-f)。三角翼はその空力中心が,亜音速でも超音速でも空力平均翼弦の約50%(中央翼弦の前から約2/3)にあって,あまり動かないという利点もある。…

※「デルタ翼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android