トゥカイ,G.(読み)とぅかい

世界大百科事典内のトゥカイ,G.の言及

【トルコ文学】より

…シハブッディン・メルジャニ(1815‐89)はその代表的人物で,その神学的・歴史的著述を通じてオスマン帝国の知識人にも影響を与えた。ガブドゥラ・トゥカイ(1886‐1913)は,伝統的詩風を脱却した新しいタタール詩文学の創始者であり,ゴマル・バシロフ(1901‐ )は革命後のタタール文学の指導者として,ソビエト内戦をテーマとした小説を書き続けた。 旧ソ連邦内のトルコ系諸民族は,いずれもロシア(キリル)文字を採用し,それぞれの方言による地方的文学を,国民文学の地位にまで高めようとしている。…

※「トゥカイ,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android