トゥルキー(読み)とぅるきー

世界大百科事典内のトゥルキーの言及

【アラビア半島】より

…オスマン帝国のスルタンはエジプトのムハンマド・アリーにワッハーブ王国の討伐を命じ,その息子トゥースーンの率いるエジプト軍は,1811年にサウード軍を二聖都から追い,もう1人の息子イブラーヒームは18年にダルイーヤを陥れてワッハーブ王国を滅ぼした。 24年,ムハンマド・ブン・サウードの孫のトゥルキー(在位1824‐34)は,エジプト軍守備隊からリヤードを奪還し,第2次ワッハーブ王国が再建された。その子ファイサル1世Fayṣal I(在位1834‐38,43‐65)は,一時オスマン帝国によってカイロに幽閉されるが,43年に牢獄を脱出して復位し,半島の中・東部にその支配を広げた。…

※「トゥルキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トゥルキーの関連情報