トゥーティコリン(読み)とぅーてぃこりん

世界大百科事典内のトゥーティコリンの言及

【コロマンデル海岸】より

…現在のマドラス港は1909年に巨費を投じてつくられた人工港で,この海岸唯一の貿易港として重要な役割を担ってきた。近年タミル・ナードゥ州南部のトゥーティコリンTūticorinに近代的工業港が建設され,近くで肥料・化学工場が稼働している。【藤原 健蔵】。…

※「トゥーティコリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android