トサノミカエリソウ(読み)とさのみかえりそう

世界大百科事典内のトサノミカエリソウの言及

【テンニンソウ(天人草)】より

…本州の福井県以西に分布する。オオマルバノテンニンソウvar.tosaense (Makino) Kitamura et Murataはトサノミカエリソウともいわれ,葉が大きくて星状毛がなくなるもので,中国地方の一部と四国,九州に分布する。ときにテンニンソウとミカエリソウとの雑種と思われるものがあり,ムラサキテンニンソウと呼ばれる。…

※「トサノミカエリソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android