トチェフ(読み)とちぇふ

世界大百科事典内のトチェフの言及

【ポモジェ】より

…オーデル河口のシュチェチンは西ポモジェの中心であるが,西ポモジェ地方はかつてグーツヘルシャフト経営の有力な地域で,第2次大戦後は国営農場による社会主義農業の地位が高く,小農経営が多いポーランドの他の地方と性格がやや異なる。ポモジェ地方の主要都市として,上記のほかにスタルガルド・シュチェチンスキ(人口7万3300),コシャリン,スゥプスク(10万2600),トチェフ(6万0600)がある。【山本 茂】。…

※「トチェフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android