トップ・オブ・スイング(読み)とっぷおぶすいんぐ

世界大百科事典内のトップ・オブ・スイングの言及

【ゴルフ】より


[スイング]
 まず体の回転と腕の動きに一体感をもたせながらクラブを上げていく。ニーアクション(膝運動)を使って体重を右足にかけ,腰,肩を十分にまわすバックスイングの頂点(トップ・オブ・スイング)では腰は45度,肩は90度回転し,背中が目標方向に向く。左腕を伸ばし,グリップの位置は右肩と右耳の中間になる。…

※「トップ・オブ・スイング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android