トマス=クーンの総和則(読み)とますくーんのそうわそく

世界大百科事典内のトマス=クーンの総和則の言及

【振動子強度】より

…ここで最後の因子は,原子内電子の位置ベクトルの和の行列要素である(準位に縮退があるときは,通常,さらに状態について和をとって準位間の振動子強度という)。振動子強度に対しては,トマス=クーンの総和則, Σf1iZ(=原子内電子の総数)が成り立つ。この結果,光学吸収に関しては,Z個の電子がf1i個ずつの組に分割され,そのおのおのは,電子と同じ質量と電荷および原子準位間のエネルギーに相当する共鳴振動数(EiE1)/hをもつf1i個の調和振動子の集団に同等であると解される。…

※「トマス=クーンの総和則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android