トラジャ・コーヒー(読み)とらじゃこーひー

世界大百科事典内のトラジャ・コーヒーの言及

【トラジャ族】より

…彼らの儀礼のなかでも稲作儀礼は大きな位置を占める。今日では稲のほかトウモロコシ,ヤムイモ,キャッサバを栽培し,またトラジャ・コーヒーとして世界的に知られるコーヒーは,重要な換金作物である。水牛,豚,犬,鶏は供犠にも使われるたいせつな家畜で,雄の方が雌より高い価値をもつとされる。…

※「トラジャ・コーヒー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android